神奈川県内のマンションで大規模修繕工事を実施しました

マンション内の各箇所で修繕が必要になる年数に違いが

住んでいるマンションが大規模修繕工事を行うことに | 修繕工事は大きな問題が発生する前に行うのが大切 | マンション内の各箇所で修繕が必要になる年数に違いが

同様に防水処理は21年から25年、葺き替えは21年から35年が目安とされます。
マンションの階段や廊下などにある鉄部の塗装は4年から10年で塗り直しが必要になります。
その他の部分の塗装や防水処理は11年から18年が目安です。
給水管や排水管の高圧洗浄は5年ごとに行う必要があります。
また配管の交換は30年ごとに行うのが一般的です。
外壁塗装の耐用年数は11年から18年ほどとされています。
タイル補修は12年から18年ごとに行うのは通常です。
給湯器やエアコンなどの屋内設備も11年から15年を目安に行う必要があります。

マンション内の各箇所によって修繕が必要になる年数に違いが存在します。
国土交通省では築12年を目安に1回目の大規模修繕工事を行うことを推奨しています。
私のマンションでも築10年を超えた頃に修繕工事をすることになりました。
ただし実際に着工するまでには1年ほどの準備期間があります。
工事着工までには準備が必要になるので、早めに手続きを開始するとスムーズに施工できます。