神奈川県内のマンションで大規模修繕工事を実施しました

修繕工事は大きな問題が発生する前に行うのが大切

次回工事を行う際には銀行などからの融資も検討が必要になるかもしれません。
私のマンションでは2回目以降の工事に備えて、1回目よりも少し高めの積立金を徴収しています。
マンションの修繕工事はなるべく早いうちに行うことが大切です。
大きな問題が発生する前に直せば、建物の資産価値を損なわずに済みます。
何らかの問題が発生してそのままにすると、資産価値が下がるだけでなく生活にも影響を及ぼす可能性があります。
例えば給水管や排水管に亀裂が入ったり内部が詰まったりすると、水が漏れたり逆流することがあるので注意が必要です。
屋上など高い場所にある柵や手すりが錆びたり腐食すると、美観を損なうだけでなく崩壊の可能性があります。
誰かが体重をかけた際に崩壊したら非常に危険です。
何らかの問題が発生する前に、劣化している箇所を直す必要があります。
トラブルを抱えたマンションからは人が流出します。
住人が少なくなれば十分な額の積立金を集めることができなくなります。
積立金が不足すれば大規模修繕工事を行うことが難しくなり建物の劣化が進んでしまいます。
その結果としてさらに住人が減り悪循環に陥ることになります。
マンションの資産価値を保つには、問題が発生したらすぐに対処することが大切です。
一般的に屋根の塗装や補修は11年から15年ほどで行うものとされています。

住んでいるマンションが大規模修繕工事を行うことに | 修繕工事は大きな問題が発生する前に行うのが大切 | マンション内の各箇所で修繕が必要になる年数に違いが

大規模修繕工事 神奈川 / 神奈川の大規模修繕工事